時々、晴耕雨読

晴れたら自転車や野菜作りを楽しみ、雨ならNetや読書を楽しむ


コメントする

玉ねぎ

image

朝晩の冷え込みはまだまだあるが、日中の日差しは光の量が多くなり、春を感じる。

職場近くの畑には、元気に育っている玉ねぎの姿。

しかし、我が畑の玉ねぎはチビ太のままだ。

例年、玉ねぎは種苗店で苗を購入にて、11月に入ってから慌てず定植していたが、
昨年は種から育苗にチャレンジした。

播種は11月の定植から逆算して、、、何月だったかな、、

もう記憶が薄いが、11月の定植時には太からず、細からずの苗を選んで定植して例年と同じように
管理したつもりだ。

だが、まったく育っていない。

興味深いことに、余った種子を仕事仲間に差し上げていたが、そちらも同じ状況で生育しなかったそうだ。
私は、畑の片隅で、仕事仲間はプラグトレーで育苗してから定植。

育苗方法、時期、そして畑の場所も離れているにも関わらず、同じ結果。

種子は、確か中晩生種のネオアースだったはずだが、もう記憶が、、、(脳細胞が日々死滅しており)

原因は種子かタイミングが、管理か、、、