時々、晴耕雨読

晴れたら自転車や野菜作りを楽しみ、雨ならNetや読書を楽しむ

春のブロッコリー

1件のコメント

image

ブロッコリーは秋野菜として毎年栽培している。

最初に大きな花蕾を収穫した後は、今頃まで小さな脇芽がどんどん出てくるので長い期間楽しませてくれる。

弁当の彩りや夕飯の一品としてシリコンスチーマーでチンすれば、手軽に調理できるのも嬉しい。

自分の中では、秋の野菜であるとの固定観念があったが、農場仲間が最近植えたと話してくれたので、
苗を求めて園芸店に出かけた。

品種は茎ブロッコリーのスティックセニョールと脇芽がでない一般的な物の二種類だけだったが、試しに買って
植え付けしてみた。

まあ、よく考えれば職場の温室には大苗のブロッコリーがあった、、、

固定観念はいかんね。

image

植え付けた隣の畝には、パープルの花が咲いている。

昨年、数種類のエンドウ豆を植えたが、パープルの花なのでツタンカーメンかな、、、

エジプトのツタンカーメンの墓から出土したエンドウ豆の子孫と言われているツタンカーメン。

食べる為に買った豆を少し保存しておき植え付けして、その後にもらった種子を植えたので、F2とF1が混在して
どれがどれだか分からなくなってしまった。

まあ、少しでも実をつけてくれればいいかと。

 

広告

春のブロッコリー」への1件のフィードバック

  1. 投稿した後、ふと、ツタンカーメンは固定種かもと、、、
    毎年、何気なく育てている丹波の黒豆は、種を取りそれを植える循環をしているが、劣勢は発生していないので固定種なんだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中